『がぶしゃら家族』 by 森繁

『大草原の小さな家』に夢中になった頃がありました。次女「ローラ」から見る家族とその生活を描いた世界。でも、子供心にはアメリカの大草原の生活はまったくの他人事、つまり『ピーターパン』の世界と同じレベルだったような。。。。しかし!不惑の年齢であるはずの今、『がぶしゃら家族』の描く家族とその生活を、正に日本の歴史として読むべきなのか、それとも現代人だからこそそこから学ぶべきなのか!?迷いっぱなしです。もしかしたら『小公女』以上(!?)、でも軽快にそして爽快に描かれたしみじみと心に残る伝記です。
d0122088_11332167.jpg

by mcoenen | 2010-09-12 12:04 | 出来事!? | Comments(0)