<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

北軽井沢の杜クラフトフェア 2010

いよいよ来週に迫りましたっ、「北軽井沢の杜クラフトフェア」。出店させていただける以上は、なんらかの足跡を是非残したいものです。この地でお客様の求めるクラフトとはどういう作品でしょう。。。季節の替わり目、温かみのある陶器に感心は向けられるものでしょうか。。。(暑苦しいっ、なーんて思われる気候からは はてさて脱しているでしょうか!?)今からソワソワします。
d0122088_15321866.jpg

by mcoenen | 2010-09-20 15:38 | のびのーびフェア参加 | Comments(0)

焼締め

「妻有クラフトフェア」に向け、薪窯焼成に力が入っただんな様。新潟の美酒のイメージ、そして自分が好きなにごり酒を意識して、ぐい呑み、とっくり、片口、注器を焼締めで仕上げました。
d0122088_15162118.jpg

ぐい呑みの底に秘めた自然釉の光を お客様に気づいていただけると二〜ッコリ。やはり嬉しいのだそうです。d0122088_1520233.jpg
by mcoenen | 2010-09-20 15:24 | 陶器作品 | Comments(0)

妻有クラフトフェア - お手伝い -

もちろん!スパイク(キャバリア)もクラフトフェアを盛り上げました。お客様には、私の陶芸トークよりスパイクの存在の方が印象に残ったかもしれません!?テーブルの下にじっとしていても、椅子でぐっすり寝ていても、お客様から「かわいい〜〜!」って注目が集る彼には まぁそこそこのご褒美を上げるとして、我らは我らで陶器の方にお客様の目を戻す努力を続けます。でもその内 そのほのぼの感に我らもあやかることに。。。大人し〜くしててくれて、ありがと!
d0122088_1164982.jpg

by mcoenen | 2010-09-20 11:10 | キャバリア | Comments(0)

妻有クラフトフェア - イベント -

これはみごとでした、クラフトフェアの開催されている広場の横で気球が浮かびます。口を開けて見上げていた私には、かつて住んでいたニュージーランドでもこんな近くで見る機会はなかった程の貴重な景色。d0122088_10501372.jpg
やっぱりお仕事より目が空に浮いて、周りのお子様達よりエキサイトしていたかもしれませんっ。d0122088_1055778.jpg
by mcoenen | 2010-09-20 10:57 | 出来事!? | Comments(0)

妻有クラフトフェア - ご報告 -

さて、津南市に赴きました本来の目的、クラフトフェア(お仕事、お仕事!決して「食べ」に来た訳ではございませんっ ^.^;)。金曜日夜はすっかり雨模様の中で到着した為大変天気を心配しましたが、日中は日が照る2日間となりました。d0122088_10331098.jpg
せっかくの新潟の地、ぐい呑みととっくりに特に力を入れたのは正解だったようです。d0122088_10352355.jpg
そして、今回非常に感心いたしましたのは周りの出店者の方々。日本国中のクラフトフェアを知り尽くした方々が一同集られ、現代の大量生産に押しつぶされそうなcraftsmanshipを大切に次世代に受け継ごうとしている姿。これはとても頭の下がる思いで、素晴らしい出会いに感謝感激でした。
by mcoenen | 2010-09-20 10:45 | のびのーびフェア参加 | Comments(0)

中魚沼郡津南町 ー鹿渡ー

クラフトフェア出店の為、津南町へ。近年、芸術祭が盛んなこの町で何が起こるか楽しみにして来ましたが、そこはやはり食欲の秋。我が家の優先順位はついつい狂います(>-<;) 今回の宿となった「しかわたり館」でのお食事は、薬草や身の回りの植物を素材に使った正にヘルシーフード。それだけじゃありません、この津南町のNative Animalsを、美味しくご紹介いただきました(!?)
まずこれは鴨料理編。ミョウガや あれはゼンマイだったかな?と一緒に。
d0122088_2235182.jpg
そしてこれは熊料理編。あけび、桑の葉、どくだみの葉、等といただきました。余談ですが、食させていただく熊肉は大抵冬眠前、脂ののった「秋熊」を頂くそうです。知らなかったなぁ。。d0122088_22453952.jpg
あーお腹一杯、ごちそうさまでした!!
by mcoenen | 2010-09-19 22:48 | 出来事!? | Comments(0)

薪窯焼成 - 成果 -

連日のゲリラ雨が、冷めかけた薪窯をたたきます。雨の気配の合間に、薪窯から取り出す陶器。灰は十分かかっている様子です。
d0122088_21333159.jpg

by mcoenen | 2010-09-14 21:35 | 只今制作中 | Comments(0)

薪窯焼成 - 終了 -

薪をくべる事3日間、その後そっと窯を閉じたまま12時間程が過ぎました。窯の中の温度は250℃弱、近寄るとまだかなりの熱が伝わってきます。d0122088_1741366.jpg
早く結果を見たいっ、でもこの辛抱の時間が大切、、と陶芸家が苦慮の時間を過ごすのを横目に、窯の扉は頑なに閉ざされています。d0122088_17455128.jpg
温度が上がる・上がらない、という陶芸家方の窯談話を良く耳にします。やはり陶器作りには焼成温度も大事な点、そこでこれら温度計達が姿を変えてしっかり報告します。d0122088_17504852.jpg
by mcoenen | 2010-09-12 17:55 | 只今制作中 | Comments(0)

『がぶしゃら家族』 by 森繁

『大草原の小さな家』に夢中になった頃がありました。次女「ローラ」から見る家族とその生活を描いた世界。でも、子供心にはアメリカの大草原の生活はまったくの他人事、つまり『ピーターパン』の世界と同じレベルだったような。。。。しかし!不惑の年齢であるはずの今、『がぶしゃら家族』の描く家族とその生活を、正に日本の歴史として読むべきなのか、それとも現代人だからこそそこから学ぶべきなのか!?迷いっぱなしです。もしかしたら『小公女』以上(!?)、でも軽快にそして爽快に描かれたしみじみと心に残る伝記です。
d0122088_11332167.jpg

by mcoenen | 2010-09-12 12:04 | 出来事!? | Comments(0)

薪窯焼成 - 渦中! -

さて、薪窯焼成3日目です。土曜日の今日は、日中の焼成状況を写真にパチリ。まずは残る薪の山:d0122088_9562593.jpg
そしてそれを窯へくべる陶芸家:d0122088_957108.jpg
その薪をパチパチ言わせながら巻き込んでゆく炎・・・d0122088_9581346.jpg
by mcoenen | 2010-09-11 09:59 | 只今制作中 | Comments(0)


アメリカ人陶芸家ケーネン ジェームスと筆者が、埼玉県入間市で「Ke-yaki Kitchen」を営む様子、そして狭山市での生活を語ります。


by mcoenen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
イントロダクション
Ke-yaki Kitchen@入間市
今日のメニューは?
カフェコンサート
しっとり屋内展示会
のびのーびフェア参加
ワイワイ自宅イベント
食のおはなし
陶器作品
只今制作中
キャバリア
メインクーン
ガーデン
なんてったって自然!
出来事!?
ライブラリ
EnglishTalk

About us

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

レストラン・飲食店
陶芸