<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

暴風雨のイベント!?

もう少しで『オズの魔法使い』の状態でした(!?)暴風の中でのセットアップは無事に済み、急遽午前中から販売開始。
d0122088_2202888.jpg
お昼過ぎには雨がポツンポツン、、、、イエ、その後すぐにビュービュー、ザーザーでした。「オープニングフェスタ」というからには幸先良くなきゃいけないんですが、暴風雨は激しくなるばかりでとうとう我らの陶器までが飛ぶ事に-.-; こちらは近年の体重増が功を奏して『ドロシー』になることは無かったのですが、テーブルクロスを押さえるだけで2本の手は手一杯。狭山市の皆様にお会いしきれたかどうか疑わしいのですが、中止の声がかかり撤収をトットと実行いたしました。
d0122088_2203434.jpg
つかの間でしたが先日窯出しされたばかりのお茶碗が 雨のしずくに光っていたのが少し印象的な半日イベントでした〜^.^
by mcoenen | 2012-03-31 22:13 | のびの〜びフェア参加 | Comments(3)

偉人伝

こう見えて若い頃から偉人伝を好み、その多くが勇ましい男性の歴史でした。「坂本龍馬」「徳川家康」を読んで、さながら戦国時代、幕末、革命の世の中の生き方を参考にせんばかり!?しかし、そろそろその勇み足も重くなりつつあるこの年齢、最近の「歴女」ブームにポカ〜ン、ともするとなんと「元祖歴女」とか呼ばれることが。。。ヒャ〜!自分の中で何かが変わりましたっ。

朱夏 (新潮文庫)

宮尾 登美子 / 新潮社

現在、女性作家の小説に無我夢中です! 宮尾登美子、幸田文、有吉佐和子、、、もっと読むべき作家さんがいたらご教授下さいっ。

きもの (新潮文庫)

幸田 文 / 新潮社


はてさて、これらの小説に出て来る多くの女性達はなんと芯の強いことでしょう。生きる、ということを今更学んでいます。
by mcoenen | 2012-03-24 22:57 | ライブラリ | Comments(0)

雪の散歩道

やはりこれを語らずに春を迎えるのは納得がいきませんっ。今年の大雪はやはり語り継がなければ・・・いや、むしろこれからこの辺りの冬は 雪が当たり前になっていくのかもしれませんし。。。さ〜て、ところでこれは何でしょう?d0122088_21155757.jpg
う〜ん?では「ズーム・アウト!」
d0122088_21215296.jpg

フフフッ、スパイクは雪が好きなんです。雨は大嫌いなくせに、雪道は全然平気。むしろ大はしゃぎだそうで。溶ければ雨と同じ状態なのに、得意げなこの顔!d0122088_21191914.jpg
by mcoenen | 2012-03-21 21:27 | キャバリア | Comments(0)

春光

お休みの日にやっとカラリと晴れてくれましたっ、お天道様お久しぶり!日も長くなり、やっとじっくりとお庭と対面。今年は寒い日が続き、積雪もたびたびあったことからハラハラし通しでしたが、そこはマザーネイチャー。d0122088_19552321.jpg
こんな状態だった庭でも、我々が何もしなくたってチューリップの芽はスクスク育ち、アネモネはつぼみをつけ、オダマキやスプレーマムも根元からちゃんと新しい葉を出しています。
せっせと枯れ葉の掃除をしていた視線の角に、ん?新入りの植木鉢?
d0122088_19351645.jpg

先日の薪窯焼成から生まれた鉢だそうですが、底にヒビがあるので植木鉢となる運命となった様子。しかし、内側に見られるこの虹色をどうも土で隠すわけにもいかず、さてどう使おうか春先の大きな課題です。
by mcoenen | 2012-03-20 20:05 | ガーデン | Comments(4)
3月31日、狭山市駅はリニューアルオープンです!『フェスタ』と称して、31日(土)当日は、西口でイベントが目白押しです!!その中に参加させていただくケー焼陶芸も、狭山市を盛り上げていきまーす!是非お会いできれば光栄です♪
d0122088_21201478.jpg

d0122088_21224945.jpg

by mcoenen | 2012-03-14 21:27 | のびの〜びフェア参加 | Comments(0)

仕入れ

薪、ガス、それぞれの窯に合わせて粘土を選ぶ必要がある今日この頃、特に薪窯用の粘土には気を遣うようです。ガス窯での焼き加減は自分で大体知り得るのに対して、薪窯は温度こそ注意するものの火の調整は恐らく不可能と言っても過言ではないのでしょうか。手触りや色、重さ、はもちろんのこと、粘土の質でかかる自然釉の様子も変わるようです?d0122088_21114868.jpg
一か八かに賭けるのもひとつでしょうが、準備万端に考え尽くした上でやっと「良い仕事」になるのでしょう。そう考えると確かに素材から考えるのは当たり前!?今回は特に抹茶茶碗にはどの粘土が良いのか色んな角度で調べ(陶芸家の視点とお茶を立てる方々の視点は必ずしも同じではない事を踏まえて・・・?)、お店の方からも色々ご教授いただきつつ久々に新しい粘土を仕入れて来ました。d0122088_21222683.jpg
「軽い仕上げにはこの粘土、、、、」なんて話が出ていたので、筆者も持ち上げられるかと思いきや!月曜に備え陶芸家に任せておきましょう ^_^;d0122088_2126242.jpg
by mcoenen | 2012-03-11 21:42 | 陶器作品 | Comments(0)

ひな祭り

祝ってますよ〜この歳になっても!イエ、祝い酒の口実が欲しいだけかもしれませんが。。。 -.-; 金平糖とか桜餅とか入手しようかな〜?って思っていたのはお天道様が高い頃。買い物に出た夕刻の時間帯にはやっぱり酒コーナーにたたずんでいました!?それでもちゃんとホラ!この習慣は忘れておりませんっ。d0122088_20484272.jpg
我が家の女の子と言えば、スクーター嬢(メインクーン猫)。しかし、男の子でもなぜか桃の花と絵になるスティンキーが本日の被写体となりました。d0122088_20484533.jpg
by mcoenen | 2012-03-03 20:56 | 出来事!? | Comments(0)

雪景色

通勤者にとっては色々弊害があるものの、しんしんと降り積もる雪の美しさはなんとも素敵な絵になります。ここ数年、我らの地域で雪が降ると雪国のような風情も感じられるようになりました。
ケー焼陶芸窯場の煙突が雪の霧の向こうにう〜っすら見えます。
d0122088_21294721.jpg

乾かすべき薪達は、し〜っとりと雪に埋もれ・・・d0122088_21295846.jpg
ガスボンベ達も、た〜だた〜だ樹氷に見入る・・・d0122088_2129546.jpg
この芸術を無償で見せてくれる自然界は心が大きいのでしょうね!
by mcoenen | 2012-03-01 21:45 | なんてったって自然! | Comments(0)